Facebook広告でリターゲティング広告を出す方法
Olbia
今回はFacebook広告のリターゲティング広告を出す方法を解説するよ❗

✔ Profile

メルマガ登録はこちらからのページから!

❏ Facebook広告の配信方法を確認

Facebook広告の広告配信時にオーディエンス設定をすると狙ったターゲットに直接配信することが出来るのでオススメです。   主に使われているオーディエンス設定は3種類あり、すべてを使いこなせればかなり濃く見込み客にリーチした広告を出すことが出来るでしょう。
Facebook広告の配信パターン
1:カスタムオーディエンス 2:類似オーディエンス 3:リターゲティングオーディエンス
通常はカスタムオーディエンスと類似オーディエンスを使い人が多いと思うのですが、 リターゲティング広告もかなり有効の方法なので今回はその設定の仕方を解説します。  

❏Facebook広告のリターゲティング設定について

リターゲティング広告
1度サイトにアクセスした事があるけど、登録には至らなかった人だけに広告を出すこと。 リターゲティング広告という広告設定が無いので出来ないと思っている人もいるがオーディエンスを設定すれば可能です。
このリターゲティング広告はオーディエンス設定を少し変更して広告を出すことで、出稿できます。 リターゲティング広告を出向する為の条件が2つ。
① LPがあること ② サンクスLPが設定されていること
この2つです。 やり方を簡単に説明すると、
リターゲティングオーディエンスの作り方
①カスタムオーディエンス作成画面へ ②カスタムオーディエンスで指定サイトに訪れた人を選択し、LPのURLを添付 ③除外の項目で、サンクスLPのURLを添付 ➔ (LPに訪れた人) - (サンクスページには行かなかった人) =広告に興味はあってLPには来たけど、登録までには至らなかった人が抽出される
この設定でオーディエンス設定を組みカスタムオーディエンスを設定すれば、リターゲティング広告と同じ効果が期待できます。
Step 1

広告作成画面のオーディエンス設定で新規作成を押下

Step 2

特定のwebサイトにアクセスした人+LPのURL

除外の項目にサンクスLPのURLを添付でOK

❏ Facebook広告のリターゲティング広告の効果

リターゲティング広告は以前興味のあった人へ向けての広告になるので、かなり有効な手段ではあります。 ただ、LPの内容や広告文がマッチしていないから登録しなかった等の原因があり、そのせいで登録しなかっただけの可能性が高いです。 何の変更もせずに再度リターゲティングをしても効果は薄いので注意してください。     Facebook広告の始め方完全解説します 1リスト400円!Facebook攻略法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事