今年から就活が始まるのに「何もやりたいことがない」
このまま就活するのは不安だな・・・
「転職をしたい」けど「やりたい仕事はない」このまま転職活動しても上手く活きそうにないな・・・
Olbia
今回は、こんな悩みを解決する内容になってます。私も全く同じ状況のまま就活を行い大失敗した苦い経験があります。こうならない為にどうしたら良かったかを考えてみたのでぜひ参考にしていただければ嬉しいです!

✔ Profile

❑やりたいことがなくても就活は始まる・・・

どうも、就活失敗には定評のあるオルビアです。

現在、就活や転職活動中だけど「やりたいこと」も「やりたい仕事」も何も無いというあなたへ。全く同じ状況で大失敗している私の今だからわかる対処法を3つ紹介したいと思います。

私自身、やりたいことがない状況で就活をしていた経験があり、結果大失敗しました。本当にあの時の自分に喝を入れたいです。

私が当時大学4年生の時の就活状況は以下の通り。

💡就活時の状況💡

・やりたいことや夢はないので業種や職種は絞らずエントリーを繰り返す

・バイトや大学生活でいろいろな経験を積んでおりどんな仕事でもやっていけると思っていた

・就活に使えるお金が無かったので早めく就活を終わらせたかった

就活って人生の中でも結構なターニングポイントだと思いますが、ここまで何も考えていないやつは珍しいかもしれません。ただ似たような考えの人はいるかと思います。あなたはどうでしょうか?

当然のことですが、この状況で就活が上手くいくことは無いですし結果大失敗しました。(もちろん自業自得だと思ってます)

仕事は全く面白くないし、パワハラ上司ばかりの職場ですね。詳しくは➔過去記事へ

結果的に現在は会社を辞めて、「ブラック企業から脱出して自由に生きるための情報」を発信して生活しています。そのため、この経験は活きてはいるのですが最初からちゃんと就活をしていたらまた違った未来があったこはずです。絶対に‼

私がいま思うに、この就活失敗の最大の原因は「やりたいことが無いまま就活をしたこと」ではありません。

「やりたことが無い時の就活方法を知らなかったこと」だと思ってます。

実際に「やりたいことがないまま就活をしている人」は大勢いると思います。それでも就活をしている中ですこしでも興味のある業種を見つけることが出来たり、良い条件の会社を見つけたりしているものですよね?

普通は就活を本気でやる気をだせば色々な知識を得る過程でなにかしら興味や妥協点がみつかるものなんですよきっと・・・だけど私はそうじゃなかった。まじでどこでも良かった。だから失敗した。

せっかくこの記事を読んで頂いたあなたには絶対にこのような後悔はして欲しくありません。

なので就活失敗者だからわかるやりたいことが無い時3つの対処法を考えました。

ぜひ実践してすこしでも就活が上手くいくことを祈ってます。

❑「やりたいことがない」時の3つの対処法とは?

「やりたいこと」や「興味のある仕事」がないと就活に本気になれないし就活の軸が定まらないよな〜

「やりたいことがない時」に就活をした場合、一番ネックなのは就活の軸が無いことですよね。私は軸がなくて本当に苦労しました。面接や志望動機がブレブレなんですよね。

就活の軸がないと企業選びの際や面接時に志望動機を考える時に困るんです。だって特にやりたいことも夢もないんだから。

・興味のある分野とかやりたい業種があれば仕事も絞れてやる気になるのになぁ・・

・特にやりたい仕事はないからどんな仕事でもイイや!給料で決めてしまえ!

こんな風に考えだしたら間違いなく後悔しますよ。

そのため、この考え方が重要です。

❑「やりたいこと」でなく「やりたくないこと」を軸とする

やりたいことは無いけど、やりたくないことはいっぱいあるな〜

あなたにやりたいことがないのなら逆転の発想です。

ズバリ「やりたくないことをやらない」を軸にして会社を選びましょう

「やりたいこと」はなくても「やりたくないこと」はいっぱいありますよね?

💡やりたくないことの例💡

☑長時間の残業

☑満員電車での通勤

☑肉体労働

☑営業職や単純作業

☑土日の出勤

☑夜勤

これらのことを避ける事を軸に会社を選んでみましょう。

やりたいことをやる人生だけが良い人生ではないですからね!やりたくないことを避ける人生もとても有意義ですよ。なにせこの軸があれば膨大にあった「どこでもいいからいい感じの会社ないかな〜?」状態からは開放されます。

正直この考え方は、就職活動どころか仕事をしてからでも使えます。絶対に覚えておきましょう。

「やりたくないことはやらない」なんて何となく最初から分かってるわ!って思うかもしれませんが、実際にこう考えて就活している人はあまりいないです。ましてや軸としているなんて。

就活の軸なんて、「〇〇がやりたい」とか「△△がある会社が良い」っていう考えで給料や年間休日を見ている場合ばかりです。その考え方を自分でも取り入れようとするから、自分には夢がないなんて風に思ってしまうんですね。

「やりたいことをやらない」っていうのは決して後ろ向きな理由ではないですから。就活の軸にしても全然問題ない考え方ですよ。

ぜひそう考えてみて下さい。

❑興味のある事はとりあえずやってみる【学部・学科・経験は関係なし】

興味のある仕事はあるけど、学部違うし経験もなくてできなさそう・・・

「やりたいことがない」時に就活する時の対処法2つ目は「興味のある事はとりあえずなんでもやってみる」です。コレに関しては転職希望の方も意識しておいたほうが良いことですね。

「やりたいことがない」はないけど興味のあることはあるっていう場合も結構ありますよね。仕事にするほどの趣味ではないと思っているかもしれませんが、それはかなりもったいないです。

人生において仕事の占める割合ってかなり大きいですよね?それなのに興味のないやりたくない仕事で人生を消耗するのは本当にオススメしません。すこしでも興味のあることや自分の好きな事を仕事に出来たほうが絶対に人生が有意義ですよ。

ブラック企業を脱出して好きなことを仕事にしている私が言っているんです。間違いありません!

就活の段階で興味があることがあるなんてめちゃめちゃ素晴らしいことです。それが別に未経験であっても学部が全然違くてもなにも関係ありません。大学で学んでいることなんて社会ではほとんど役に立たないです。

また、副業から独立している私のような人間もいるので「経験がないから・・」ってあきらめるというのは本当に論外です。ダメゼッタイ。

興味に勝るモチベーションはないですからね。

❑「やりたいことがなければ」スキルになる&副業できる職種へ就職する

「やりたいこと」も「興味のあること」も無いんですがその場合は、どうしたらイイの?

最後の3つ目は、「スキルになる&副業出来る職種」に就職するです。

やりたいことも興味のあることもない昔の自分に一言いうなら、「スキルで稼げる仕事につけ!」ってことですね。スキルというと資格と混同しそうですが別に資格を使った会社という訳では無いです。

💡オススメの職種💡

☑プログラマー

☑webマーケティング

☑webデザイナー

今後の日本の現状を考えて、会社にただ勤めているだけで安泰ってことはないです。そこで必要なのが一人でも生きていけるスキルですね。幸いにも副業解禁の流れになってきているので仕事をしながら副業で稼ぐといった流れが主流になってきています。

そこで考えたほうが良いのが、本業の知識を副業に活かして働く方法ですね。

これは本当にコスパも良いですし絶対に軸とするべきです。本業は本業・副業は副業と分けて仕事している人が大半なのは本業の仕事がスキルとして使えずその会社だけの知識でしかない可能性が高いです。もしくは他の仕事に活しやすい知識ではないとかですかね。

プログラミングやwebマーケティングの会社の場合は本業で得た知識を副業で活かしやすい(副業のほうが稼げる)ですし、独立もしやすいです。

実際、【新卒でプログラミングを学んで3年後に独立!】なんて人はいっぱいいます。ましてや合わない上司や勤務がいやになっても稼げるスキルがあればいつでも辞められます。

これからの時代は会社をに利用されているようではダメで、会社を利用する人間が勝つ時代ですよ。

もし私が現在まっさらな状態で就活をするなら、webマーケティングかプログラミングを学べる会社にしますね。webだけでものを売れたり仕事を完結出来るというのは本当に人生が有意義になりますよ。

❑あとがき

就活は本当に辛い期間だとおもいますがここでしっかりと将来について考えられるかでかなり大きく人生が変わると思うので大変だとおもいますが頑張ってくださいね!

ただ、ここまで就活について言っておいてあれですが、別に「やりたいことがない」のに無理に就活する必要はないと思います。(今までのはなんだった⁉)

別に就職だけが正解なんて考えているのは頭の固い大人だけです。

せっかく就職したってスグ辞める人ばっかですし、就職した先がブラックでもスキル0から独立する人だっています。

なのでここで大切だと言いたいのは「将来について考えてみる経験をする」ってことです。

あなたの就活が失敗してもなんにも問題ありません。その失敗から大逆転する方法なんていくらでもありますから。そのときはまたココに戻ってきて下さいね。

もし、いま現状について悩んでいることがあればぜひ連絡を下さい。TwitterでもLINEでも何でも良いです。相談にはいつでも乗りますよ!

それでは今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事