物が売れない時の対処法【値段よりも価値を上げろ】
悩男
知り合いの居酒屋さんが最近めっきりと客足が途絶えたって言ってるんです・・・
何か出来ないか考えているんですが浮かばなくて。
僕に出来る事って何かありませんか?
Olbia
う〜ん。それは中々深刻な問題だね・・
原因が何なのかはっきりさせないことにはなんとも言えないけど、
出来ることはあるよ!
Olbia
今回は物が売れない時の対処法について考察していくよ!
✔ Profile

❑物が売れない時代の到来?【そんな単純な話では無い】

どうも、コロナウイルスよりもコロナビールの方が心配のオルビアです。

今回は、物が売れない時の対処法ということで考えをまとめてみました。

というのも最近はコロナウイルスによるショックが大きく色々なものが全く売れなくなっているみたいですね。

  • 居酒屋
  • スポーツチーム&観戦
  • ライブハウス 等

とにかく人が集まるところはすべて自粛。自粛の嵐です。

ただ知り合いの経営者もそうですが、自粛ムードだからといって自粛していては社員が死んでしまいますから、とにかく別の新しい手を必死で考えて行動しています。

そこで今回は現在のコロナショックを受けている会社を3つに分けて考えます。

そして、それぞれの会社が今後どうやって物を売っていくべきなのかを考えていきたいと思います。

❑コロナショックの一番の被害者はどこだ?

まず、コロナショックで影響を受けている企業を3つに分けるということで内訳なのですが。

1つ目は、絶賛黒字中の医療関係各社&配送業

2つ目は、大赤字中の大企業の小売店

3つ目は、大赤字中の大企業小売店以外の各社(上記の居酒屋・ライブハウス・小規模小売店)

この3つですね。

個別に解説します。

❑黒字の会社は利確のポイントを見誤るな

まず現在黒字の会社ですが医薬品会社や配達、オンライン販売が主の会社は需要爆上がり中です。

この伸びをどこまで伸びるとみるかで各社の戦略が見えてきますよね。

どうなるかわかりませんが、一旦今年の5月中旬くらいで自粛が終わるとします。

一旦マスク会社の戦略を考えます。

さて現在大量製造中のマスクはいつ生産量を下げるべきでしょうか?

もちろん自粛解禁直後にはしませんよね?不安が完全に消え去るまでは絶対に売れ続けるからです。

ストックしておく人も大勢いますからね。

そこで考えるのは、いつまでこの需要が続くのかです。

間違いなくターニングポイントは「東京オリンピック」ですね。

  • オリンピックにお客さんがどの程度くるのか?
  • 海外の人たちは感染予防を自国でするのか日本でするのか?
  • 感染者の多いイタリア・中国人はどの程度の予防策をとっているか?

ポイントをあげたらきりがありません。

来年のオリンピック時の状況がどうなっているかわかりませんが、そこをどう攻略するかで各企業の黒字がどうなるか見ものですね。

需要が増え続けている時にどれだけ利益を伸ばせるかが今後の株価を左右していきます。

❑大赤字中の大企業小売店

ココで言う大企業の小売店というのは、コロナショックを受ける前から既に衰退していた企業のことを指してます。

インターネット全盛期のこの時代にいつまでも店頭販売をメインにしていた企業はいづれ淘汰されていくことは目に見えていたのではないでしょうか?

✔実際の図式としてはこうなっていると考えていて、

  • ✘コロナショック➔店頭に人が来ない➔経営破綻
  • ⭕元々売上は上がっていないor横這い+ECに移行する気配なし➔コロナショック➔元々悪かった経営状況が具体的に可視化

要するにお前は既に死んでいる!状態だったってことですね。

Amazonが膨大な在庫の中から個人に合った商品を売るのに対し、実店舗のみで売り上げるスタイルではいづれ勝てなくなることは目に見えていたんです。

この状況を経てもなお人が実際に来ないと売上が立たない、戦略がない企業は間違いなく消えます。

[the_ad_placement id="%e5%ba%83%e5%91%8a%ef%bc%92"]

❑大赤字中の大企業小売店以外の各社

今一番ダメージをおっているのがこのグループの企業だと思います。

いままさに変革の時でありここで黙ってコロナが去るのを待っていては絶対に終わります。

そこでこのグループやるべき戦略というのが、「価値を上げること」です。

ちなみに、良い言葉が見当たらなかったので「大企業小売店以外の各社」という分かりづらい言葉になってしまってますが、大企業の小売店と大企業でない小売店を区別したくてこの名前で呼ぶことにしています。

というのも大企業でない小売店は独自の判断で付加価値がつけやすいからです。

現状売上が上がっていないアクセサリーショップということで戦略を立てるなら、

  • その店の店主がオススメ&解説するアクセサリーとして商品をSNS発信する
  • 若者向けにライブ配信をしてネット上で商品を売る
  • 店員主体でファッションショー的な企画を行う

【_POINT_】

  1. 販売経路を実店舗以外からも増やす事
  2. SNS発信を常に行いお客様と一緒に店を作っている感・コロナと戦っている感を出すこと
  3. その店にしか無い付加価値をつけて宣伝すること(そこにしか無い商品・店員・店自体)

スターバックスが売れているのはコーヒーが美味しいからだけでは無いですし、ディズニーランドが激混みするのは乗り物が爽快感与えてくれるからではありません。

わざわざ、そこに行きたくなる理由と雰囲気があるからです

コーヒーやアトラクション以外の付加価値があえてその店から買う理由に繋がります。

✔もし『ディズニーランド』で次の一手を考えるなら、

  • 限定1組のみの招待券を100万円で販売
  • 園内の各レストラン2組のみ限定で昼食やディナーを食べられる招待券を販売

とかって言う風にやってみますかね。

空間や雰囲気が売れる時代です。店の内装が大切なのはこういう時に価値が上がるからですね。

今不況でお悩みの企業は、【ライブ配信・ネット販売・付加価値をつける事】を行うべきです。

[the_ad id="452"]

❑あとがき

今回は、コロナ対策として売れない時は「付加価値を上げる」というテーマで考えをまとめました。

この不況時代は間違いなく簡単には終わりません。

次の1手、別の1手を考えないと間違いなく衰退していきます。

家にいないといけない状況なら家でできるコンテンツを販売する戦略を立てるしかありません。

ここで黙って時がすぎるのを待っていないで、新しいテクノロジーを駆使して戦うしか無いです。

結局いつまでも勉強していかないとイケないですね。

付加価値の付け方についてはまた別の記事で解説します。

それではまた別の記事で。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事