人生を変えたい方必見!成功者の秘訣教えます〜『やり抜く人の9つの習慣』〜

▫️今までの自分を変えたいと思う方は必見の本

どうも、オルビアです。

今回は、『やり抜く人の9つの習慣』についての要約動画を投稿したので、

その時に用意した台本兼要約を公開したいと思います。

細かい内容については解説せずあくまでも要約になるので悪しからず。

細かい内容については、本か動画をぜひご視聴ください。

この本は、『今から何かビジネスを始める方』や『三日坊主が治らない方』、『ビジネスマン』には

特にオススメの内容となっております。

この本に書かれているのは『成功者は別に特別な人間ではなく、成功するマインドを持っている』

ということに尽きると思います。

そのマインドを持っているから、成功を収めたのであり、

逆にそのマインドさえ持てれば自分が成功できる。

成功者の習慣を真似して今の自分を少しでもレベルアップさせていきましょう!

この本で得られるものは何か?

・目標の立て方

・成功者のマインド

・成功するための具体的な行動プラン

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学【電子書籍】[ ハイディ・グラント・ハルバーソン ]

価格:1,056円
(2020/1/13 14:14時点)

▫️内容紹介〜9つの習慣〜

まずはこの本に出てくる『9つの習慣』を一気に見ていきましょう。

1章 『目標に具体性を与える』

2章 『目標達成への行動計画を作る』

3章 『目標までの距離を意識する』

4章 『現実的楽観主義者になる」

5章 『成長することに集中する』

6章 『やり抜く力を持つ』

7章 『筋肉を鍛えるように意志力を鍛える』

8章 『自分を追い込まない」

9章 『やめるべきことよりやるべきことに集中する』

9つの確認はできましたか?

どれも特別な事を言っている訳ではない感じがしませんか?

少し自分の価値観を変えるだけで成功者と同じマインドになれるんです。

もし解説を見て『この意識は無かったな』と思うことがあればそこを鍛えてみて下さいね。

それでは個別に解説を始めます。

1:目標に具体性を与える。

目標はできるだけ具体的に考えそれを達成させる際に、障害となるものもしっかりと考えましょう。

《POINT》

  • 「痩せたい」ではなく、「5㎏痩せる」とするべき→数字や期間も合わせて目標を立てるとGOOD
  • 自分が望んでいる姿をはっきり見せる
  • 目標達成のためにやるべきことを具体化
  • 目標達成のための障害は何かを考える。
  • メンタルコントラストを利用してパフォーマンスを最大化。
  • メンタルコントラスト:目標を達成した時の感情をしっかりと味わう&心の中で起きていることを明確にイメージ&そこに至るまでの障害を考える
  • 具体的な行動に落とし込むことができる

《アクションプラン》

  1. 目標を紙に書く
  2. どうなったら目標を達成したと言えるのかを考える
  3. 目標を書き直す
  4. メンタルコントラストを使う(目標を達成して得られることとそこに至るまでの障害を考える)
  5. 書き出した得られることを味わい、障害を見直す

《自分のアクションプラン》

  1. チャンネル登録を5万人にする
  2. 登録が5万人になったら生活が自由になる&副収入が得られる&会社を辞められる&在宅ワークに移行できる&休みも増える
  3. 障害:すでに達成しているライバルがいる&かけられる時間が多くない&技術が乏しい
  4. メンタルコントラスト:めっちゃ自由!人に縛られない&在宅なら子育ても協力できる、技術力は経験の無さからきているものもあるのでこれから成長できる
[the_ad_placement id="%e5%ba%83%e5%91%8a%ef%bc%92"]

2:目標達成への行動計画を作る

目標達成への具体的な行動計画を立てる。計画する際は、以下のポイントに注意して下さい。

《POINT》

  • いつ何をやるのか予め予定を入れておく
  • 3時に運動する等、具体的な行動レベルまで日々の計画を落とし込むと行動する確率が300%高まる事を明らかにした研究がある。
  • If-thenプランニングで計画を立てる。

  『If-thenプランニング』とは?

直訳すると、『もし〜だったら、こうする』という意味。

→もし午前中に報告書が仕上がらなかったら、午後の最初に仕事は報告書を書く

→もし同僚に話しかけられ仕事が止まってしまったら、5分だけ話し必ず仕事に集中する

《アクションプラン》

  1. 達成のためにすべきことを明確にする
  2. いつ?どんなとき?」に行動に移すのか考える
  3. プランに落とし込む→何が障害になるか考える
  4. 障害への対処を考える→プランを再考

《自分のアクションプラン》

  1. 目標:『チャンネル登録5万人・YouTubeで生活できるようになる
  2. 毎日動画のネタ探し&本を読む・要約・原稿の作成 = 週1回は動画を投稿する為
  3. もし毎日1時間作業の時間が取れなければ翌日必ず2時間の作業を行う
  4. 障害:仕事の帰宅時間が遅い、やる気、家での時間
[the_ad_placement id="%e5%ba%83%e5%91%8a%ef%bc%92"]

3:目標までの距離を意識する

「目標はあるけどそこまでの道のりはわからない」なんてことは無いように、

常に自分が目標からどの程度の距離なのか確認する癖をつけましょう。

《POINT》

  • ただがむしゃらに努力するのではなく、日々どれだけ進歩したのかを確認する
  • 初心者はあまり頻繁に進捗チェックするべきではない→自分の進捗が遅いことにショックを受ける可能性があるため。失敗しても問題ないと考える。
  • これから思考とこれまで思考で考える

『これまで思考』と『これから思考』とは?  

▫️10㎏のダイエットを行い現在6㎏痩せている場合

「これまで思考」:現在6㎏まで痩せることができた。→途中なのに達成感を感じてしまう。

「これから思考」:6㎏痩せることができたが、あと4㎏痩せないといけないぞ!

         →達成したとは考えないため最後10㎏痩せるまで努力できる。

《まとめ》

  1. どの程度でフィードバックをするのか決める(頻度は試行錯誤するしかない)
  2. 誰からフィードバックを受けるのか決める(友人?彼女?メンター?)
  3. フィードバックの予定を決める カレンダーに予定を決める! プランニングに従い、いついつになったら確認する。という意識づけ。
  4. これから思考で目標までの距離を考える

4:現実的楽観主義者になる

ただのポジティブシンキングではなく、しっかりと現実を捉えた上でのポジティブシンキングが重要。

《POINT》

  • ポジティブシンキングは大事だが「望むこと」が簡単に手に入ると思ってはいけない
  • 目標は達成できると自分が信じることは大切、しかし簡単に達成できると考えるのはNG
  • ダイエット企画で「ダイエットに成功できるか?」質問した所、達成できると答えた人の方が13キロ成功。
  • →しかし、食べ物の誘惑に打ち勝つことができるか?という質問に「簡単に打ち勝てる」と回答した人よりそう簡単にはいかないと考える人の方が減量に成功した。

《アクションプラン》

  1. モチベーションを維持する→過去にやり遂げた事を洗い出す。そして不安や自信を失ったら、これまでに達成できた事を振り返る。振り返り方は、「If-thenプランニング」で決めておく。
  2. 現実的な楽観性を持つ→成功を具体的に想像。そして、困難に当たった場合の解決策も考えておく

《自分のアクションプラン》

  1. 初めて作った動画で1000再生された。自分の中ではとても価値のある事。
  2. やる気が落ち込んだ時はその時の喜びを思い出す。
  3. 動画の制作の工夫を変えていく。イラストの量やアニメーションに改善点があるのではないか?試行錯誤する

5:『成長すること』に集中する

比べるのは他人ではなく、過去の自分である。過去と比べてどれだけ成長しているのかに集中する事。

《POINT》

  • 今できなくても、いつかできるようになると思うこと
  • つい他人と比べてしまいがちだがそれは違うと認識する事
  • 能力は伸ばすことができる。先天的に備わっているものではない。
  • 目標設定する時は「何ができるのか』ではなく『何ができるようになりたいか』を考える
  • 「失敗しても良い」と考えること
  • 失敗しても良いと考えていると実際に失敗する確率はかなり低くなる
  • 成長することにフォーカスすれば仕事も楽しくなる
  • 人の考え方には証明ゴールと成長ゴールがある

  『証明ゴールと成長ゴール』

証明ゴール:自分にはそれができる、やり方を知っていると証明するためのゴール

成長ゴール:今までできなかったことをできるようにするためのゴール

目的意識が成長ゴールに近い学生は、難問でも新しい解き方を学ぶという解釈に変換できるため、モチベーションを高く保ちやすい。

《まとめ》

  1. 焦らず完璧主義者にならないようにする:物事にはコツをつかむのに時間がかかる。失敗は当然。
  2. うまくいっている人に助けを求める。人と比べない。
  3. 成長しているかにフォーカス。人と比べない。過去の自分と比べる。
[the_ad_placement id="%e5%ba%83%e5%91%8a%ef%bc%92"]

6:「やり抜く力」を持つ

目標達成にはやり抜く力が必須である。

《POINT》

  • 『グリット』=困難に屈せず、長期的な目標達成向けて全力を尽くす。やり抜く力。
  • 人間は2種類の考え方を持つ。

  固定的知能観:個々人の知能はもって生まれたものとして固定されている。

  拡張的知能観:能力や経験は努力によって高めることができる。

固定的知能観を持つ人は失敗を自分の能力のせいにする

拡張的知能観を持つ人は失敗を自分の努力や行動のせいにする

トロント大学の実験:推論問題を行なった後生徒に上位39%に入ったと伝えた。その後推論のコツを教え2回目のテストを行う。その結果を上位9%に入ったと伝えた結果、固定的知能観を持った人は成績が上がったことに不安感を覚え、3回目のテストでは成績が下がった。→ありえないことが起きたと感じた為だと考えられる。

  • 自分の能力は伸ばせることであると考える。もし難しいと感じた場合は、『自分にはできない』ではなく『今の自分にはできない』と考える

《まとめ》

  1. 苦手とすることを振り返る:自分の過去を振り返り苦手と感じたことは何か?
  2. 自分の思い込みを注意深く観察する。:苦手なことでもできるようになると考えているか?どうせ無理と考えていないか?
  3. 固定的知能観に囚われていないか?:自分には伸びしろがあると考える

7:筋肉を鍛えるように意志力を鍛える

意志力(やる気やモチベーション)は鍛えられ、弱まるもの。

回復させる手段も合わせて知っておけば、行動できる可能性が広がる。

《POINT》

  • 意志力は筋肉と同じ。鍛えることが可能。
  • 自らの意思で、これまでにやった事のないことをやってみる。
  • 意志力は弱まる時がある。疲れやストレスによって。回復させるためには、『意思が強い人』を思い浮かべること。
  • 少しの改善でも良い。タバコをやめるなどの行動を続けることにより、後回しにする癖が改善したなどの例もある。誘惑に打ち勝つ経験が意志力の向上に役立つ。

 《まとめ》

  1. 意志力は有限であることを意識する。意志力が尽きたと思ったら、少し休んで新たなことに取り組む。
  2. 特効薬で意志力の回復に努める。:気分が上がることをする。自分を褒める。意思の強い人を想像する。
  3. 意志力を鍛える。意志力は鍛えられるものと考え小さな改善から始める。

8:自分を追い込まない

自分を追い込みすぎてはいけない。意識よりも環境を変える方が効果的な場面もある。

《POINT》

  • 意志力には限界があることを理解する
  • 2種類の目標に同時に取り組むのはやめる。どんな目標でも出来るだけ簡単な方法を探す。無理に自分の力を試そうとしない。
  • 勝ち易きに勝つ!
  • 禁煙の実験:三ヶ月の禁煙に成功した人へ

 禁煙成功者を追跡調査した研究結果によると・・・ 

既に3ヶ月の禁煙に成功している人へ2つの質問をする。

1:禁煙を継続する自信があるか?

2:今後なるべくタバコの誘惑のある状況を避けようと思うか?

※誘惑のある状況=喫煙所を避けるとかタバコを吸う人とは合わないなどの行動

その結果、、、

1で自信があると答えた人程、タバコの誘惑を避けようせず自分の意志力のみで禁煙しようとした。→その結果『失敗』

自信がない人程、誘惑自体から避けようとする為禁煙できていた。

  • 無理に自分を追い込んで意志力を試さない
  • 何かをやめるときはすっぱりとやめること。段階的に意志力を使うのは非効率。

  《まとめ》

  1. 誘惑と出会いやすい時間と場所を把握する。辞めたい習慣や癖があるなら状況自体を避けるようにする。ex)タバコを辞めたいなら喫煙所の近くを通らないようにする等
  2. 大きな目標は1つに絞る。意志力を分散させない。「新年の目標」はなるべく1つに絞る
  3. やめるなら一度に完全にやめる。

9:「やめるべきこと」より「やるべきこと」に集中する

人間はやらないようにしようと思うほどやりたくなる。

やめようと思いつづけることが逆効果になる事もある事を理解する。

《POINT》

  • マイナスとなる行動や状況を避けるだけではなく、それを効率的な行動に置き換えるのが有効。
  • 人は「やめるべきこと」だけを考えがち。ある思考をしないように考えると、逆にその思考でいっぱいになる。
  • 行動を変えたいなら。辞めたいことだけでなくやりたいことも含めて行動を考える 

  タバコを辞めたい場合、タバコを吸いたくなる

→×=タバコを吸わないように考る

 ○=タバコを吸いたくなったら飴を舐めるなどの具体的な行動に変える

  • 研究によると、辞めたいことをもう今後しないというプランを立ててしまうと逆にその行動が強化されることがわかった。
  • 何をしないかではなく何をするかを考える。

  《まとめ》

  1. 「~しない」という目標を「~する」に変える
  2. 「~する」という目標をプランに落とし込む
[the_ad_placement id="%e5%ba%83%e5%91%8a%ef%bc%92"]

▫️まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分の行動を変えるきっかけになると嬉しいです。

かなりメモ書き的な内容なので、少しわかりづらいところもあったと思いますが、

その辺のことはぜひ、『やり抜く人の9つの習慣』で確認をしてくれると嬉しいです。

この本なんですが、Daigoさんにも紹介されておりかなり話題になってますよね。

ぜひこちらの動画もご視聴してみてください。

また次の記事でお会いしましょう。

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事