生活・仕事の無駄を省く〜生産的に生きるために省きたい無駄8選〜

▫️生活している上で無駄が多すぎる話

どうも!

普段は会社員をやりながら論文を読み漁ったり、

Youtuber、動画編集者、FXトレードなんかをやっている、

いわゆる突出した武器のない凡人オルビアです。(自分で書いてて虚しい、、笑

そんな事はどうでもよくて、、、

突然ですがあなたには、座右の銘はありますか。

一応凡人の私でも座右の銘はありまして、それは

『常に生産性のある日々を・・・』(某漫画の影響)です。

この言葉を聞いてから、

私は常に「毎日、昨日よりは前進したい」という思いが芽生えました。

逆に『無駄な事はしたく無い』・『無駄な事をしている時間が勿体無い』と思うようにもなりました。

さて、あなたは普段の生活や仕事をしている中で、無駄に感じることありますよね?

私は、結構無駄を無くしてきた方ではあると思いますが、

当然、昔はめちゃめちゃありましたし今でも思う事は多いです。

ここで言う無駄というのは2種類あると思っていて。

生活をしている上で無駄だな〜と思う『自分の影響の範囲内』での無駄と、

使っているサービスの中で無駄だな〜と思う『外的な要因の無駄』の2つ。

今回の記事は、無駄な事を省いて自分の有意義な時間を確保するために

私が考える生活・仕事の無駄8選としてあなたと共有したいと思い執筆します。

『自分の影響の範囲内』の無駄については省く努力をするべきですし、

『外的な要因の無駄』に関しては、多くの人が困っている事柄だと思うので、

今後自分でビジネスをする際のポイントかな?とも考えているものです。

新しいビジネスや起業をする時にも気をつけるべき事だと思いますし、

生活の質を上昇させる為にも見直すべき事はかなり多いと思います。

それでは、『生活・仕事の無駄8選』を、

『自分の影響の範囲内の無駄』と『外的な要因の無駄』の4種類づつ一挙に紹介します。

少しでもあなたにとって有益であればと思います。

[the_ad_placement id="%e5%ba%83%e5%91%8a%ef%bc%92"]

▫️『生活・仕事の無駄8選』

◼︎自分の影響の範囲内の無駄4選

それでは早速、自分の影響の範囲内の無駄4選を発表します。

これらは自分の意識1つで変えられるものだと思いますし、今すぐにでもできる事だと思いますので、

ぜひ私と同じ思いなのに続けている事がある場合は何かを帰るキッカケになてくれると嬉しいです。

それでは順に発表していきます。

自分の影響の範囲内の無駄4選

・タバコとタバコ休憩

・長期スパンの技術取得

・品質の良くない物を買うという選択

・ダブルチェック

▫️タバコとタバコ休憩

一番最初にあげたいのが『タバコ』と『タバコ休憩』。

キツイ言い方になりますが、

この御時世タバコを吸うメリットが1つも考えられないのですが、

吸っている人は何を考えているのでしょうか

タバコの悪影響なんて今では子供でも知っているし、吸うことのメリットが思いつきません。

それでいて、喫煙者は『臭い』。これだけでも重罪です。

まぁ正直私はタバコを吸ったことがないので、吸うことでどのくらい気持ちが良くなるのか

や美味しさについてはわからないので吸うことについては百歩譲って『価値観の違い』ということで

一旦納めます。

ただし、タバコ休憩』

これは撤廃を提案したいですね。百害あって一利なしです。

休憩は必要なのは言うまでもないですが、『タバコ休憩』は違います。

そもそも出社して最初の仕事をする前に吸いに行く人が結構な数いると思いますが、

果たして『休憩の定義とは?』別にまだ疲れてなくね?って感じる人は多いのでは?

昔、デリバリーのバイトをしていたことがありますが、その時にも常に配達に行く前に

タバコを一本吸っていた輩がいました。

もう最悪です。その吸っている時間はお客さんの元へ行く時間であって決して休憩ではないですし、

その吸っている時間に来る注文の電話や提供品の製作はあくまでも配達中という事を盾に行わない。

その謎の休憩中に他の誰かが作業をしていると言う意識が全くないんですよね。

さらにいうと、喫煙している分仕事が進まず残業がしていく点。

私の周りの喫煙者のレベルが低いのかもしれませんが、

喫煙者の仕事のできなさは群を抜いてる気がします。

これは完全に主観なので、もう掘り下げませんが本当にタバコは無駄。

もし私が起業したとしたら絶対に喫煙者は採用しないですし、

最近のベンチャー企業でも実際にそうしている所もあると聞きます。

本当に『タバコ』の悪影響は自分だけでなく他人にまで被害を被ると言う点で論外。

『無駄』ですね。

▫️長期スパンの技術取得

2つめは長期スパンの技術取得です。

何かを始める際にず〜と永遠に悩んで結局やらなかったり、

せっかくやっても毎日少しずつ勉強をしていき知識をつけようとしたり、

結果が出る前に辞めてしまう人って多いですよね。

これは無駄というかむしろ勿体無いな〜と思いますね。

面白くなるのはもう少し勉強した先なのにそこまで感じられないまま辞めていく。

といったことが起きてます。

これはまさに実体験なのですが、何かを覚えたりスキルを磨く際は

『短期間で一気にやる』のが一番効率が良いです。

私自身もYoutubeや動画編集で副業していますが、動画の編集スキルは、

『短期間でやりながら覚える』といった方法でした。

(詳しくは私の別記事にて『未経験でもできる!副業《動画編集》で月10万円得る方法』)

副業や独立を考えている人で新しいスキルを身に付けたい場合は、絶対に短期間で集中という形がオススメです。

最近ではプログラミングの短期学習が話題になってます。

こちらの『TECH::EXPERT』では最短10週間でプロのエンジニアにというコンセプトでエンジニアを養成しています。

すごく評判も良いので、動画編集をやっていなければ私も即申し込んでいましたね。

今でも興味はあるので少し休みが作れたら絶対に行きます。

少し話は逸れましたが、絶対にやってはいけないのは、

『1つのスキルを長期期間でコツコツ習得しようと考える事』

『やる前に永遠と悩むこと』の2つです。

とりあえずやってみてから後悔しましょう。

そうすれば『次に選択する時にその選択をしないという選択』が取れるようになります。

何事も経験です。

[the_ad_placement id="%e5%ba%83%e5%91%8a%ef%bc%92"]

▫️品質の良くない物を買うという選択

3つ目は『品質の良くない物を大量に買うという選択』です。

これも良くやりがちなんですがとても無駄ですよね。

例えば、安価のスポンジを大量に買ってみたり、性能の良くない家電を買ってみたり。

結局すぐに壊れてまた次のを買うという行為を繰り返すんですよ。

これは本当にやめた方が良いと思いませんか?

品質を落とすと言うことの最大のデメリットは、

自分の時間を消費している点にあります。

まぁ、私はこのどちらも経験しているので経験した上での意見と思ってください。

家電に関してはすぐに壊れてしまうと思ってしまうのと、やっぱり良いものは高いので

手が出しづらいというのはわかります。

しかし、特に良く使う掃除機とか洗濯機は良いものを選んだ方が時間の節約の面からしても

絶対にお得です。

掃除機であれば1回で全てのゴミが取れるのと、

3回で全てのゴミが取れるのとでは作業時間が大幅に違います。

洗濯機で言えば乾燥機付きのドラム型洗濯機を買うと、人生変わると言って良い程の変化があります。

この洗濯機を私は使っておりますが、洗濯に使う時間が大幅に改善されました。

今までの洗濯機で使っていた時にしていた

洗剤投入→洗濯→干す→取り込みといった通常の作業が、

ほとんど要らなくなります。

まさに、『品質にお金をかけると言うことは、時間を買っている』といっても過言では無いでしょう。

AEG ドラム式洗濯乾燥機 洗濯機 ドラム式 乾燥機能付 7kg 東日本50Hz専用 洗濯乾燥機 AWW12746 全自動洗濯乾燥機 ドラム式洗濯機 乾燥機 乾燥器 衣類 洗濯物 乾燥 アーエーゲー ビルトイン洗濯乾燥機 ドラム 乾燥機付き洗濯機 おしゃれ 新品 設置 ドラム洗濯乾燥機

価格:303,000円
(2019/12/23 01:40時点)
感想(1件)

基本的に機械でできることは機械に任せるべきであり、残った時間は別の有意義な時間に当てる。

そのための機械ですから。

▫️ダブルチェック

4つ目は『制度としてのダブルチェック』です。

無意味なダブルチェックって横行してないですか?

チェックという行為自体は絶対にやるべきですし、否定はしていません。

ただ、ダブルチェックという機能が形骸化しているシステムを使用している会社や、

なんとなくで行なっている場合は要注意だと思います。

例えば、

・パソコンである資料を作成し会社に申請する際に、同僚に承認して貰わないといけない

 制度がある

・客先に提出する書類は必ずダブルチェックをしないといけない規則がある、、など

チェック自体が“習慣”ではなく“制度”になってしまっている場合はかなり業務の妨げになります。

やらされて行うチェックが有効なのは、責任をなすりつける時だと思いませんか⁇

そもそも客先に出す大切な書類であればダブルで見なくともチェックすると思いますし、

チェックという行為自体を強制した時点で必ず惰性が出てきます。

制度として行なっている場合それごと変えるのは個人では難しいですが、

今回言いたいのは、同じ行為でも意識的か無意識かで価値は変わるという事です。

無意味に感じている制度は廃止するか変えていかないと無駄が永遠と湧き出る源泉になりますからね。

以上の4点が今回の無駄4選になります。いかがだったでしょうか?

正直、紹介できる事なんてもっといっぱいあるんですが今回はこの4つで一度ストップします。

自分の意識を少し変えるだけで生活の質は上げられと思うので、ぜひ私と同じ気持ちの同志がいたり、

少しでもなるほどと感じてくれたら、この無駄を絶滅させていきましょう!

[the_ad_placement id="%e5%ba%83%e5%91%8a%ef%bc%92"]

▫️外的要因の無駄4選

それではここからは外的な無駄4選を発表します。

外的要因の無駄4選

・在庫切れ

・予約なしの配達

・会社の毎日のノルマ

・否定から話に入る人

おさらいですが、ここでいう外的なものとは、使っているサービスの質や不満に思っていても

自分ではどうもできない事です。

ただこのような無駄を考えることは新しいビジネスや仕組み人間関係を作る上で、

とても必要な事になると思います。

世の中の不満を解決するのがビジネスの原点ですからね。

だから私はこの無駄について考えるのはとても好きですし、もはや無駄ではなくチャンス⁇

かもしれません。

それでは、私の考える『外的要因の無駄4選』発表します。

▫️在庫切れ

1つ目は『在庫切れ』

これはことごとく利益を損失している際たる例ですね。

そもそも、無在庫ビジネスが王道と言われているこの社会で、

在庫のあるビジネスはかなりのリスクを抱えています。

当然、在庫というのは切れてしまえば売り上げにならないですし、

余ってしまえば処分にお金がかかるのでまさに無駄ですね。

『在庫』のあるビジネスにおいての無駄はこの2があると思います。

ただこの2つの無駄の損失度合いは大きく異なっており、

『在庫切れ』の方がより損失していると私は考えています。

『在庫切れ』でポイントになるのは、

本来は売れるはずだった利益の損失➕お客様の期待への裏切り

だと思いますね。

在庫が余ってしまっただのであれば店側の損失だけで済みます。

ただ『在庫切れ』の場合は本来上げられた利益を得られないだけでなく、

買いに来てくれたお客様の期待裏切り時間の損失も加わっている点で大きく違います。

店側が全て悪いとまでは言いませんが、明らかに両者の差はあります。

この在庫問題に関しては、在庫がある以上一生付き合っていく問題ですし、

宿命と思うかもしれません。

ただ解決策が完全にないという訳ではありません。

それは、

完全受注生産

です。

単純に注文の入った分だけ生産し売るといったモデルにすれば、

在庫が余ることも、お客様の期待を裏切ることはありません。

無駄“ゼロ”最高ですね。

もちろん、完全受注にするには宣伝費もかかりますし、その分の手間も存在します。

また大量生産がしにくいのでデメリットはあります。

ただ、無在庫ビジネスとのハイブリット型の戦略と言えますしかなり無駄を省く事ができます。

私がもし服屋を起業するとしたら、単純に店頭で売るだけのビジネスは絶対にやらないですね。

むしろ店頭に置くのは、質感やサイズ感を確認できる最小限のものに抑えあとはネットで売る。

ZOZOTOWNなんかもこんな感じのビジネスモデルで成功していますもんね。

私の尊敬している、キングコングの西野さんも同じような事をおっしゃっており、

すごく勉強になる話をしていたので、動画を載せておきます。

この人本当にすごい。めっちゃオススメなので見てみてください!

▫️予約なしの配達

2つ目は『予約なしの行為』ここでは『配達を取り上げます』

さて、あなたの家に不在票溜まっていません?

不在票・・あれ無駄じゃね?って思いませんか。

そもそも、一か八かで荷物を配達するのリスクありすぎると思うんですよね。

今やAmazonでも楽天でもメルカリでも配達してくれるサービスが多いです。

これも先ほどの完全受注と同じで予約制にしたらかなり無駄がなくなりますよ。

ただ実際に予約制は行われてはいます。

配達希望日や時間も決められるようになってますよね。

でもなぜか有料サービスだったり、受け取らない場合のペナルティとかは設定されていないです。

配達にかかる人件費や荷物の出し入れなんかの労働はそれなりのコストがかかっているはずなのに。

なんかおかしいですよね。

こちらの記事『再配達がドライバーを苦しめる』は誤解?運送業界の課題の本質とはによると、

再配達で起きているコストは運送業界の5.7%とのこと。

運送業界の中では個人客への配達に占める割合が少ないので、

そこまで大した問題ではないというのが実情のようですね。

ただ、消費税の3%増加でもあれだけ騒がれたのだから対策はすべきです。

個人で対策するなら受け取りボックスを設置するのが良さそうですね。

そしたらこちらから不在票を見て連絡する手間が省けます。

この無駄はまだまだ減りそうにないですね。

[the_ad_placement id="%e5%ba%83%e5%91%8a%ef%bc%92"]

▫️会社の毎日のノルマ

3つ目は『会社の毎日のノルマ』

営業会社で働いている人なら経験があると思いますが、

毎日の営業ノルマって無駄じゃないですか。

私の昔いた会社では、名刺10枚と電話でのアポイント3件という営業ノルマがありました。

これが毎日。かなりしんどいですよ。

しかも名刺もほぼアポなしの飛び込みでやらされるので、かなりメンタルもやられます。

当然、退職者もかなりいました。

これの無駄だと思う点が、

・目的と手段が一致していない点

・不正が横行しやすい点

の二点です。

目的と手段の話は別記事の『目的と手段』〜その努力、本当にゴールに向かってる?〜

で解説しているので良ければ見てみてください。

ざっくり説明すると、ノルマによって

契約を取るために行なっている営業活動がいつの間にかノルマを達成するための営業に変わっている

といった事が起きてしまう事です。

これ完全に無駄ですね。

またこうした事が恒常していると、小さな不正が横行します。

ノルマを誤魔化したり、サボったりする事が増えるんですよね。

しかもこのようなノルマのある会社ってベンチャーに多いですので、

アホな上司が無理やりノルマをやらせようとしてパワハラが増えます。

まさに負の連鎖。潰れて欲しい制度No. 1です。

ただ東洋経済さんで取り上げられていた『効率ばかり言う人が結局成功しない3大理由』

に解説があるように、『できない言い訳にしている場合もが多い』と言う話も納得でした。

できない、やらない理由をつけるために「効率が悪いから」という人がいるのも事実だそう。

営業に訪問するのは効率が悪いから、電話で済ませようとするといった具合ですね。

これには、かなり考えさせられますが、最初は『結果を出した上で無駄なものを削っていく』という

スタンスが正解かなとは思いますね。

特に新卒の方には無駄な事なんてありませんからね。

一応言いたいことをまとめると、『目的と手段が一致していないノルマは無駄』って事です。

本当にこれは大罪です。

[the_ad_placement id="%e5%ba%83%e5%91%8a%ef%bc%92"]

▫️否定から話に入る人

最後は『否定から話に入る人』です。

これは話しかけるだけ無駄という意味ですかね。

本当に無駄。

話す必要性が感じられないので、基本このような人とは絡みません。

これが良い事かどうかはわかりませんが、私の人付き合いはかなり限定的です。

好きな人とは積極的に話ますし、嫌いな人はほとんど話しかけません。

ただ、排他的なコミュニケーションは可能性を潰しかねないな〜とは思うんですよ。

周りにイエスマンだけを並べてたら、価値観は広がらないですしメタ思考は大切です。

なので私が話しかけないのは、単に嫌いな人ではなく『否定から話に入る人』です。

この違いは何かというと、

・嫌いな人は別に自分の意見を否定しようとしているというよりかは価値観が異常なまでに違う。

 といった認識で私は捉えているのですが、

・『否定から話に入る人』は完全に相手の意見を変えようとしてきます。

 というか、相手と同じ意見ではいられないといった感じでしょうか?

ここには何も信念を感じないんですよね。こういう人は意見もコロコロ変わります。

この点で『嫌いな人』とは全然違います。

むしろ『嫌いな人』よりかは『否定から入る人』の方が絡みやすかったりもするのですが、

やっぱり話す価値を感じないので無駄ですね。

基本的に相手の意見を変えたり、人格を変えたりするのは無理ですから。

人生を有意義に過ごすためには、周りの人間とのコミュニケーションは大切です。

あまりにも無駄なコミュニケーションは極力排除しましょう。

自分の時間は大切です。

▫️まとめ

以上の8個の無駄。

いかがでしたでしょうか。

私が無駄無駄と言っているのは、

単純に自分の好きなことに時間を使いたいという思いが強いからです。

常に生産性のある日々をあなたも送りたいですよね。

何かあなたの価値観に共感もしくは影響を与えられていたら嬉しいです。

ちなみに、こういう系の話に多い上司との飲み会とかはあえて省きました。

これを入れたらあと100個くらい同じ類の話が思い浮かぶので(笑

ただ、無駄かどうかはその人の価値観によるものが大きいので、

逆に否定の意見をくれるとありがたいなとは思ってます。

何か意見がありましたら、Twitterでもコメント欄でもなんでも構わないので、

話しかけてくれると嬉しいです。否定から入ってきた場合は無視しますが。(笑

それではまた次の記事でお会いしましょう。

〜オルビア〜

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事